2018年05月01日

開眼供養を執り行った

 昨日の午前中、自宅に新しい仏壇がセッティングされた。
3月に母が亡くなり今月四十九日を執り行うので、仏壇を購入した。
その仏壇に魂を入れるために、お寺の住職に自宅に来ていただき、
開眼供養を執り行った。

 これで、四十九日後の父や母の落ち着き場が整った。長兄が福岡
に居ないため、私がお寺や位牌を預かることになった。
 仏事は、知らないことばかりであるが住職や仏壇を購入した先、あ
るいは葬儀を行った会館の方々が親身になって教えてくださるので、
心強く安心している。


同じカテゴリー(日々の)の記事画像
晩秋のひまわり
シニアの品格
2回目のホールインワン
今日から通常業務
若者とシニアの交流会開催
柿畑の消毒作業に行ってきた
同じカテゴリー(日々の)の記事
 京都に行ってきた (2018-05-22 07:24)
 気持ちの良い快進撃 (2018-05-19 07:26)
 何をすべきか? (2018-05-18 06:46)
 問題解決は迅速に (2018-05-17 05:29)
 早朝練習に若い女性が大勢いた (2018-05-16 07:48)
 早朝から研修 (2018-05-15 06:42)

Posted by ビジネスやまちゃん at 06:25 │日々の