2018年05月09日

「心配」では解決しない

 とあるクライアントの管理職と半日を共にした。
その時間で久しぶりにいろんな話をしたが、そこで会社の経営方針
や業績について、または役員の役割や決済方針について等々の話
を私からふって話を聞いてみた。

 管理職は一生懸命仕事をする人ではあるが、自らが経営やに仕
組みにおいて改革・改善を積極的にするタイプではない。会話に出
てくる言葉は、「それ心配なんですよ」、「大丈夫なんでしょうか」、「
私も言っているのですが」といったこものである。
 中小企業の社員や管理職いや役員であっても、このような人が
多い。わかってはいるが、自分が改革・改善する『立場』ではない。
もし改革・改善に手を挙げたとしたら大変だ等と率先して、そのこ
とに向かおうとしないような働き方をしている。

 さて、これからの中小企業においての管理職は、「心配」と思っ
たら即、改革・改善に積極的に解決に向かう人が居なければ企
業永続は難しい。
 


同じカテゴリー(日々の)の記事画像
晩秋のひまわり
シニアの品格
2回目のホールインワン
今日から通常業務
若者とシニアの交流会開催
柿畑の消毒作業に行ってきた
同じカテゴリー(日々の)の記事
 京都に行ってきた (2018-05-22 07:24)
 気持ちの良い快進撃 (2018-05-19 07:26)
 何をすべきか? (2018-05-18 06:46)
 問題解決は迅速に (2018-05-17 05:29)
 早朝練習に若い女性が大勢いた (2018-05-16 07:48)
 早朝から研修 (2018-05-15 06:42)

Posted by ビジネスやまちゃん at 06:32 │日々の