2018年08月22日

店舗運営は難しい

 私のクライアントの中には、飲食業・美容室・ヨガインストラクター・
医院等がある。
 消費者相手の小規模ビジネスは、固定店舗を構えて顧客の都合
(意思)で店舗に来たときがビジネスチャンスとなる。そのビジネス
チャンスを増やすための活動を日常行っておかなければならない。

 しかし、インターネットの普及と車社会であることにより、情報をた
くさん持っている消費者の行動範囲は広くなっている。
 そのことに反応が遅い店舗事業主は、いつの間にか顧客離れに
なっていることに気づかない場合がある。気づいたときは、赤字転
落ということになりかねない。

 顧客の嗜好・年齢・経済力・店舗に来てくれる理由等々の顧客管
理を日ごろから徹底しておかなければ、いつの間にか顧客減少と
なってしまう。これから人口減となることは周知の事実であるので、
店舗事業主はち密な戦略が重要なことに気づき行動してもらいた
いものである。


同じカテゴリー(日々の)の記事画像
晩秋のひまわり
シニアの品格
2回目のホールインワン
今日から通常業務
若者とシニアの交流会開催
柿畑の消毒作業に行ってきた
同じカテゴリー(日々の)の記事
 家族で団らん (2018-10-01 06:22)
 山茶花の湯で癒し (2018-09-17 18:27)
 秋めいてきたこの頃 (2018-09-16 05:40)
 隣の人とつかの間の会話 (2018-09-12 06:54)
 「まさか」は、たびたび起きる (2018-09-07 07:02)
 最高の日曜日 (2018-09-03 06:10)

Posted by ビジネスやまちゃん at 06:28 │日々の